令和4年4月より、60歳以降64歳までの在職老齢年金(いわゆる低在労)の計算方法が変更になります。

70歳までと同じ計算となり、年金の停止額が少なくなるとされています。