東京都西新宿の社会保険労務士法人。社会保険・労働保険の手続代行から、就業規則作成、賃金制度・退職金制度の提案及びサポートなど幅広くお手伝いします。

給与・賞与の社会保険料

  • HOME »
  • 給与・賞与の社会保険料

給与・賞与の社会保険料(平成29年4月から)

給与・賞与の給与計算に使用する社会保険料の料率と考え方をお知らせします。以下の雇用保険は一般の事業、健康保険は全国健康保険協会・東京支部厚生年金基金の加入がない場合になります。その他の料率はご加入いただいている保険制度にてご確認ください。

給与の社会保険料

期   間
保険料率
(被保険者控除分)
計算方法
(1)労災保険料
(その他各業)
0 従業員の負担はありません。(事業主が全額負担します)
(2)雇用保険料(一般) 3/1000
※3月まで4/1000
支給総額(通勤交通費含む)に料率をかけます。円未満は50銭以下切捨、50銭を超える場合は切上げします。
(3)健康保険料
(介護保険料含む:
40歳以上65歳未満)
49.55/1000
(57.80/1000)
支給額によって毎月変更することはありません。あらかじめ定められた標準報酬月額による保険料を控除します。
(4)厚生年金保険料
(一般)
90.91/1000 支給額によって毎月変更することはありません。あらかじめ定められた標準報酬月額による保険料を控除します。
(5)源泉所得税 給与所得の源泉徴収税額表にて、「社会保険料控除後の給与額」、「扶養親族等の数」から求められる額 課税となる支給額から、(2)~(4)を控除した額を税額表にあてはめ算出します。
(6)住民税
特別徴収の場合、各市区町村からの通知額を控除します。

賞与の社会保険料

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3369-7411

PAGETOP
Copyrights © 開東社会保険労務事務所 All Rights Reserved.