東京都西新宿の社会保険労務士法人。社会保険・労働保険の手続代行から、就業規則作成、賃金制度・退職金制度の提案及びサポートなど幅広くお手伝いします。

弁護士の健康保険の適用

個人経営の法律事務所では、通常、市区町村の国民健康保険あるいは東京都弁護士国民健康保険組合に加入しています。

法人化した場合は、原則として全国健康保険協会(協会けんぽ)への加入となります。 ただし、全国健康保険協会(協会けんぽ)の適用除外の申請を行い、認められれば東京都弁護士国民健康保険組合に引き続き加入できます。(全員の適用除外を受けられない場合があります)

 

東京都弁護士国民健康保険 全国健康保険協会(協会けんぽ)
自己負担率 3割(未就学児、70歳以上の一部は2割、1割の場合があります)

詳細は東京都弁護士国民健康保険

3割
健康保険のみの制度 ・傷病手当金
・出産手当金
・育児休業中の保険料免除措置
保険料 ・組合員本人(介護保険賦課被保険者でない場合) 22,600円/月※1

介護保険賦課被保険者、家族や介護分は
東京都弁護士国民健康保険

・標準報酬月額の1000分の99
・標準賞与額の1000分の99
・40歳~64歳は1000分の15.7
(介護保険分)を上乗せ ※2
保険料の負担 本人が全額負担 事業主と従業員の折半負担

※1 平成30年度分の金額です。
※2 東京支部平成30年4月現在の料率です。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3369-7411

PAGETOP
Copyrights © 開東社会保険労務事務所 All Rights Reserved.