「社会保障に関する日本国政府と中華人民共和国政府との間の協定」がいよいよ令和元年9月1日に効力を生ずることになり、二重加入がされます。

日本年金機構(年金事務所及び事務センター)では、協定に基づき中国の年金制度への加入が免除されるための「適用証明書」の交付申請を、8月1日より受け付ける予定とのことです。

また、事務手続の詳細や注意事項等について6月下旬頃に日本年金機構ホームページで案内されるそうです。