トラック運送事業者が法令を遵守して事業を遂行できるよう、荷主に必要は配慮義務をする責務規定が新設され、トラック運送事業者が法令違反となる原因となるおそれのある行為(荷待ち時間の恒常的な発生、非合理な到着時刻の設定、重量違反等となるような依頼他)をしている疑いがある荷主に対し、行政から働きかけや勧告・公表がなされます。

パンフレットはこちらです