東京都西新宿の社会保険労務士法人。社会保険・労働保険の手続代行から、就業規則作成、賃金制度・退職金制度の提案及びサポートなど幅広くお手伝いします。
労務・法改正情報
  • HOME »
  • 労務・法改正情報 »
  • 雇用保険

雇用保険

雇用保険手続きの届出処理について

平成29年2月初旬頃から、ハローワークでの雇用保険手続きについて、見直しするとお知らせがありました。 ・離職票の発行手続きを最優先とするため、資格取得等の処理には時間がかかる。 ・資格取得届は可能な限り、4月上旬~中旬を …

2017.1~マタハラによる離職は特定受給資格者に

平成29年1⽉1⽇以降の離職については、特定受給資格者の基準が一部⾒直されています。 ・妊娠出産を理由とする不利益取扱い、育児介護休業等の申出の拒否による離職 ・賃金不払が一度で …

特定理由離職者の優遇が延長されます

特定理由離職者とは、 (1)期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立するに至らなかった場合に限る。 …

2017.10~育児休業給付が2歳までに

厚生労働省による雇用保険法等の一部を改正する法律案要綱について、労働政策審議会がおおむね妥当とした中に、2歳に満たない子の育児休業給付が含まれています。このまま改正になれば、平成29年10月から育児休業給付が延長されます …

2017年度の雇用保険制度が変わりそうです

労働政策審議会の雇用保険部会の報告によると、以下の見直しが行われそうです。 ○賃金日額下限額が最低賃金を下回る状態となったことから、上下限額を見直し、下限額については自動改定額を最低賃金額と比較して決定する ○就職率の低 …

労働保険適用事業場検索のページ

厚生労働省のページで、労災保険・雇用保険の適用を検索できます。 労働保険適用事業場検索のページ

2017.1~特定受給資格者の基準変更

平成29年1月から、特定受給資格者の基準が見直されます。特定受給資格者の有無を問う助成金もあるため、注意してください。 〈見直される内容〉 妊娠出産を理由とする不利益取扱い、育児介護休業等の申出の拒否による離職 賃金不払 …

2017.1~65歳以上の労働者の雇用保険資格取得手続き

平成29年1月1日より前に65歳以上の労働者を雇用しており、平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合には、所定労働時間などの要件を満たせば、雇用保険の資格取得届を出す必要があります。 (高年齢継続被保険者は、自動 …

2016.8~雇用保険基本手当日額の最高額及び最低額の引下げ

平成28年8月1日から、雇用保険の基本手当日額の最高額が変更されてます。 毎月勤労統計調査による平成27年度の平均給与額が、前年度と比べて上昇したことに伴うものとのことです。 基本手当日額は年齢のレンジごとに最高額が決ま …

2016.8~介護休業給付の支給限度額の変更

平成28年8月1日以後の介護休業給付について、以下の限度額が適用となります。 ○平成28年8月1日以後に介護休業を開始した場合  支給率は67%、上限額312,555円 ※なお、介護休業給付については同日から支給率が引き …

« 1 2 3 4 5 »
PAGETOP
Copyrights © 開東社会保険労務事務所 All Rights Reserved.