東京都では6月を就職差別解消促進月間としており、その目的は、面接時に本籍地や思想、信条等を聞くなど就職差別につながるおそれのある行動をなくすことです。

身元調査も、差別につながるとして否定しています。