平成28年8月1日以後の支給対象期間から、高年齢雇用継続給付について変更があります。

1.支給限度額:341,015円 →339,560円
支給対象月に支払いを受けた賃金の額が支給限度額以上であるときには、高年齢雇用継続給付は支給されません。また、支給対象月に支払いを受けた賃金額と高年齢雇用継続給付として算定された額の合計が支給限
度額を超えるときは、超えた分の金額は支給されません。

2.最低限度額:1,840円 →1,832円
高年齢雇用継続給付として算定された額が最低限度額を超えない場合は、支給されません。

3.60 歳到達時等の賃金月額
上限額:447,600円→445,800円
下限額:69,000円→68,700円
60歳到達時の賃金が上限額以上または下限額未満の方については、賃金日額ではなく上限額または下限額を用いて支給額が算定されます。