平成30年4月から、障害者雇用率の計算式が変わります。分子の部分に、精神障碍者が含まれるようになりました。それにより、現在の2.0%(一般企業)から引き上げられることが想定されています。

分子:身体障害者、知的障害者および精神障害者である常用労働者の数+身体障害者、知的障害者および精神障害者である失業者数
分母:常用労働者数-除外率相当労働者数+失業者数