平成27年に公布された「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律の公布について」が、平成28年4月より施行されます。

その施行部分のうち、傷病手当金・出産手当金の計算方法変更をご紹介します。

1.傷病手当金・出産手当金の給付金額の計算方法
 これまでは、現在の標準報酬月額÷30日×3分の2 でしたが
 支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日×3分の2
 となります。

 これは、休業前に標準報酬月額を高額に設定できてしまう現在の仕組みを変えるものです。

 標準報酬月額が定められている月が12月に満たない場合には、定められている月の平均と、保険者の前年度の平均標準報酬月額を比較して計算し、少ない額が支給されます。