厚生労働省と国土交通省とが連携で、「建設業の人材確保・育成策」(リンク)を出しています。

現在、建設業では人材不足と言われています。
若年者の離職も多く、技術継承にも問題があるようです。
今後の東京オリンピック開催を見込み、建設業の環境改善に行政が取り組んでいます。

特に社会保険未加入については、既に取り組みが強化されています。
元請の下請に対する確認業務も増えています。