厚生労働省では、平成28年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数を公表しています。

申出等の「件数は9,299件であり、前年度の10,937件に比べ、15.0%減少しています。申出等の内容の上位は、「賃金に関すること」が2,636件(28%)、「就業時間に関すること」が1,921件(21%)、「職種・仕事の内容に関すること」が1,311件(14%)であり、申出等のうち、「 求人票の内容が実際と異なる」件数は3,608件(39%)でした」ということです。

こうした相違に係る相談を受けた場合は、ハローワークにおいて事実確認、必要な是正指導を行うそうです。特に支所等で採用権がある場合には、求人票の条件をよく理解したうえで面接を行うよう、本社で指示をしてください。