中央最低賃金審議会で、令和2年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が公表されました。新型コロナウイルス感染症拡大による現下の経済・雇用への影響等を踏まえ、現行水準を維持することが適当とされています。