本年4月から時間外労働及び休日労働の上限規制が始まっており、厚生労働省労働基準局から出された改正労働基準法Q&Aの中に、異動や出向、副業・兼業、転職に関して36協定をどのように適用させるのか記載がありますのでご紹介します。新法適用の事業所では現状を、中小企業は来年度からの実現を念頭に確認してください。つづきをPDF(news_201907)で読む