改正職業安定法が平成30年1月から施行されており、求人の過程で労働条件を決定したり変更したりする場合に、その内容を明示する義務が課されるようになりました。また、明示内容について、指針で大きな改正が行われています。つづきをPDF(news_201801)で読む